アルソアの化粧品1 − クイーンシルバー

スポンサードリンク
1972年に誕生して以来愛され続け、アルソアを代表するロングセラーとなっているのが、70日間の製造工程を経て作られる女王の石鹸、”クイーンシルバー”。メイクや肌の汚れをきれいに落し、必要な潤いを残しながら、ミネラル成分によって肌の活性化を促進してくれます。

薬用炭などの天然由来成分が配合されているため石鹸自体は黒い色をしていますが、そこから生まれる非常にキメ細かな純白の泡が特徴となっていて、その癒し系の香りと、まるでホイップクリームを塗っているかのようになめらかな感触で、洗顔を楽しむことができます。

使い方は、まず、ぬるま湯にくぐらせて大きな泡ができるまで手の平でころがし、その泡にぬるま湯を適量加えながら、ていねいに泡を作ります。慣れない方は、ネットに数回滑らせてから手の上で泡立てるとキメ細かい泡をつくりやすいので、そちらの方法でもOK。

そして通常の洗顔と同じように、顔の中心から外へ向けてやさしく洗います。このときのポイントは”手の平”ではなく”泡”で洗うようにすること。そうすることで、クイーンシルバーの特性を最大限に活かした、「さっぱり、しっとり」の洗い上がりを実感することができます。

また、継続使用により、肌荒れやしつこいニキビなどが直ったとのことで、リピーターが多いのもクイーンシルバーの特徴ですが、これもアルソアならではの成分配合レシピの成せる業といったところで、肌のもつ自然の力が取り戻されている結果と言っても良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。